読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんとか毎日*

スカイツリーが小さく見える部屋で、なんとか毎日頑張ってます。

国立科学博物館に行ってきた①【ラスコー展】

先日、代休で平日休みだったので、

上野の国立科学博物館でやってるラスコー展に行ってきました。

 

ラスコーって何?

ラスコー洞窟(ラスコーどうくつ、: Grotte de Lascaux)は、フランスの西南部ドルドーニュ県ヴェゼール渓谷モンティニャック村の近郊に位置する洞窟である。 ウィキペディア

ほうほう・・フランスの洞窟なのね。

洞窟の側面と天井面(つまり洞窟の上半部一帯)には、数百の馬・山羊・羊・野牛・鹿・かもしか・人間・幾何学模様の彩画、刻線画、顔料を吹き付けて刻印した人間の手形が500点もあった。これらは15,000年前の後期旧石器時代クロマニョン人によって描かれていた。ウィキペディア

クロマニョン人ね。

そういえば、世界最古の人類って今はアウストラロピテクスじゃないらしいね。

かつては大勢の観客を洞窟内に受け入れていたが、観客の吐く二酸化炭素により壁画が急速に劣化したため、1963年以降から、壁画の外傷と損傷を防ぐため、洞窟は閉鎖された。ウィキペディア

現在は一般公開はされてなくて、非公開だそうです。。

 

ということで、行ってきましたラスコー展。

f:id:kakurega10128:20170122110031j:image

平日なのに、けっこう人いるなぁ・・・という印象。

入場料は、常設展と合わせて一般1600円です。

一部のものを除いて館内写真撮影OKなんだけど、

全然撮ってる人いないし、いかにもSNS投稿目的のミーハー女だと思われるのが嫌なので、ほぼ中の写真撮れず。

一部、実際の洞窟壁画が再現されてます。

f:id:kakurega10128:20170122110024j:plain

こんなかんじで。

暗いのでシャッター発光は禁止(係員さんに注意されてる人もいました)。

一定時間で暗くなって壁画が青く発光します。

ここでも写真撮ってる人以外にあんまりいなく、

しかもかなり静かでシャッター音が気になる(私のカメラはシャッター音消せないタイプ)ので、これしか撮れず。

変なところで気が小さい私。

次は、常設展に行こうと思います。